Q1.どんな職場で働いていますか?名村造船所はどんな会社ですか?

【職場】 船の平坦部であるロンジの取付・溶接・配材を行う部署で働いています。 みんな元気でバリバリ仕事をしています。現場の中には一人で仕事をする部署もありますが、私の部署は複数名で1つのブロックに入って仕事をするので、コミュニケーションが重要です。

【全社】 入社して一番思ったのは、当社は本当に大きな会社で、その中にはいろいろな人がいるということです。仕事以外にも今まで知らなかったことをたくさん知ることができ、自分の世界が広がりました。つくっているものも、他に見ることができないサイズで、スケールが大きく、全てが想像以上でした。

Q2.学生の頃にやっていたことで、社会人になって活かせたことはありますか?

部活動では、野球をやっていて、毎日の練習で体力・筋力を鍛えたことはもちろん、精神面や言葉遣い、挨拶の大切さを学びました。部活動で人とコミュニケーションを取ることの重要性を学んだことで、現場に行っても先輩に積極的にスキンシップを取ることができました。 当社に入社した理由は、高校時代仲良くしていただいた先生に、就職先を相談した際、「体を使う仕事なら名村が良い」とアドバイスを頂いたからです。

Q3.現在、主にどんな仕事をしていますか?

ロンジ部分の取付・配材とその前の玉掛け、マーキングなどをしています。  玉掛けはブロックをクレーンで移動させるときに、吊具を用いて荷物をクレーンのフックに掛ける作業です。2年目で始めたのですが、どの順番で吊るのか頭を使います。マーキングは何も書いていないプレートにマーカーで必要な情報を記入して配る仕事です。私は玉掛けが一番楽しいと思っています。持っていく順番で仕事のスピードが代わりますので、頭も使うし、体も動かします。3年くらい経って仕事の流れがわかってきたので、今では自分で仕事の進め方を考えています。

Q4.初めて担当した仕事は何ですか?

カラープレートのマーキングと、足場ピースのマーキングです。最初は補助で、先輩から言われたとおりにしていました。現場での仕事は研修とは全然違っていて、最初は驚きました。1つ1つのものが大きく、ちょっと失敗しただけでも大きな事故につながりますので、非常に緊張しました。やっていくうちに自信がつき、自分が上手くなったと思える瞬間があります。今では先のことを考えて仕事ができるようになり、効率もよくなってきました。

Q5.入社して一番やりがいのあった仕事は何ですか?

玉掛けをやっていて、自分でやり方を考えて行い、成功したり上手くいったときに、達成感や自分の成長を感じます。だんだん玉掛けのやり方がわかってきましたが、まだまだわからないこともたくさんあります。玉掛けは、重量や重心、作業する順番の把握がきわめて重要で、流れがわかって初めてできる仕事です。まだ先輩と同じスピードで仕事をすることはできませんが、早く上手くなりたいと思います。

Q6.入社して自分が成長したと感じるところは?

自分の考えを言うことができるようになったことです。やはり言わなければ伝わらないと思います。入社当初から発言は多かったのですが、最近はもっと言うようになりました。どんな先輩を前にしても、自分の意見を言わずに納得はできません。もちろん、自分の意見が100%正しいわけではないので、先輩から怒られるときもありますが、納得できる意見をもらえれば自分の意見を変えますし、議論をすること自体に意味があると思っています。 また、最近は事故に対する危機感、安全の大切さを感じています。造船の現場では危険も多いので、一つ一つのことに気をつけてやるようにしています。