「その大きさに圧倒されると同時に、やりがいを感じます」

 外業課では、内業工場で出来たブロック(船の部品の塊)を、さらに大きなブロックへと繋げて、ドックへ搭載し、船を形づくっていきます。私は、総組定盤と呼ばれるドック横の広大なスペースで、ブロックとブロックの位置を決めて仮付けする仕事を担当しています。まだ配属されて間もないので、指導してくださる先輩のバディとして頑張っています。まだまだ覚えることがたくさんあるので、分からないことがあったら何でも先輩に聞いて、早く仕事を覚えることが今の目標です。常に、安全第一で作業をすることを心掛けています。

 大きなブロックとブロックが溶接して接合され、さらに大きなブロックへと繋がったときは、その大きさに圧倒されると同時に、この仕事のやりがいを感じます。

 仕事では、重いものを持つこともあるので、学生時代にもっと筋トレして鍛えていればよかったと思います。休日には、釣りやバイクでツーリングしたりして平戸などに遊びに行くことが多いです。