「上司から若手まで、新しい試みをやっていこうとする風土」

 船殻(せんこく)設計課は、基本設計部で決められた基本仕様をもとに、軽くて壊れない船を目指し、船の構造を設計する部署です。 若い人が多く、風通しが良い職場で、学問的知識を身につけようとする向上心が高い人が多いと感じています。上司から若手まで、新しい試みをやっていこうとする風土があり、楽しく仕事をしています。現在は、舵を中心に、船尾周りの構造設計をしています。舵は非常に難易度も高い部分で、船の性能にも大きな影響を及ぼします。舵の構造を一番簡単に強くする方法は太く大きくすることですが、そうすると船の速度や推進性能などに影響を及ぼすため、それらに実害が及ばない範囲で強い構造を造らなければならないという高いハードルを抱えています。 舵の設計は大変ですが、考える仕事は好きですので、やりがいを感じています。

 100年の伝統ある企業である一方、新しいことにチャレンジする会社です。そうでなければ造船業界では生き残っていけないのかもしれません。同業の造船専業メーカーと比較しても、設計力・研究開発力ではトップクラスであると感じています。

 初めて担当したのは、アッパーデッキ(上甲板)上のデッキストアと呼ばれる部分の設計でしたが、設計というよりは、図面の書き方を覚えるための仕事と言った方が正解かもしれません。初めての仕事でしたが、細かいことが気になる性格なので、前の人の図面をそのまま使うのではなく、よりクオリティを上げようと奮闘しました。

「大学で学んだ構造力学がそのまま活かせており、自分でも驚いています。」

 大学では造船を専攻していました。先輩からは、「大学の勉強は就職したら全然役に立たない」と聞いていましたが、船殻強度の計算では、大学で学んだ構造力学がそのまま活かせており、自分でも驚いています。大学時代はボランティアに熱中し、海外によく行きました。発展途上国への協力プロジェクトでは、小学校の塀や貯水タンクを作りました。そのとき感じたものづくりの達成感をもう一度味わいたいと思い、就職では造船業を志望しました。

 私が仕事をしていて達成感を感じるのは、自分が納得できる設計が出来たときです。「納得できる」というのは主観的なものなので、説明が難しいのですが、「どれだけ考えてもこれ以上きれいに出来ない」とか「この形にしかならない」という感じだと思います。少し前に担当していた仕事は、大変厳しい仕事でした。今までのやり方では、性能的・強度的に目標を達成することが出来ないことがわかっていましたので、一から船に関するルールを勉強しなおし、設計をしたのですが、こちらは納得いく仕事が出来たと思っています。

「周りに影響力を与え、職場の雰囲気をもっとよくする、そういったエンジニアを目指していきたい」

 とにかく、何に対しても責任感が強くなったと感じます。入社当時、お客様から難しい要求を頂いた時には、安易に無理だと思うこともありましたが、最近は何とかして応えたい、お客様に貢献したいと考えています。入社のときの抱負は、「一流のエンジニアになる」ことでした。今も常日頃、強くて軽くて造り易い、そういう理想の構造を設計したいと思っています。 私は物事の背景を考える人間で、後輩にも「理由を持って設計をするように」と指導をしています。今後は、周りに影響力を与えて、職場の雰囲気をもっとよくする、そういったエンジニアを目指していきたいと思います。