Q1.どんな職場で働いていますか?名村造船所はどんな会社ですか?

【職場】社内ITやシステム運用・管理を行う部門です。他にも、技術誌「名村テクニカルレビュー」を発行したり、技術開発活動の支援や知的財産権の管理を行ったりしています。
明るく風通しの良い職場で、システム部門ということもあり、新しいものを取り入れることに抵抗なく、より効率の良い方法はないか、常に改善点を見つけようと取り組んでいます。

【会社】伝統を大事にしつつ、新しいことにも積極的にチャレンジする雰囲気があります。また、若手社員に勢いがあり、活躍されている方が多いです。女性の比率は少ないですが、男だから、女だから、ということではなく、個々のポテンシャルを鑑みて適材適所で働けるよう見てくれている会社だと思います。

【志望した動機】ものづくりに憧れがあり、歴史が好きで日本の発展に寄与してきた造船業に興味がありました。大学は関東でしたが、地元九州の会社を探していたところ、四季報で名村造船所を見つけました。最初から入社の意志が強かったわけではありませんが、対応してくれた社員の方が優しく、会社の雰囲気が良かったため、入社を決めました。

Q2.学生の頃にやっていたことで、社会人になって活かせたことはありますか?

大学時代は人間科学部で考古学・民俗学を学び、ゼミの活動でお寺のお墓を夏の炎天下の中1週間調査しましたが、今の仕事内容とは全く関係がありません。その他、サークルでバンドをやっていて人前で演奏したり、旅行が好きで一人旅に行ったり、アルバイトも接客業を数種経験しました。とにかく幅広く色々な経験をしたことで、ちょっとのことでは物怖じしなくなりましたし、大学生活で身に着けたメンタリティは今も非常に役に立っていると思います。

Q3.現在、主にどんな仕事をしていますか?

現在、当社・佐世保重工業・函館どつく3社のシステム統合に向けて活動していますが、私は情報共有基盤整備チームの担当として、前述の造船3社に加え名村情報システムも含めた4社でeラーニングシステムの共同利用の導入準備を進めています。
また、社内のIT教育の企画・実施も担当しています。セキュリティに関しては一人のうっかり行動が会社や取引先の損害に繋がるということもあり、最近は受講者の方により理解してもらえるにはどう改善していくべきかを考えながら教育を実施しています。
今後はeラーニングを用いたIT教育についても計画し、社内セキュリティレベルの向上やPCスキルアップに貢献していきたいです。

Q4.初めて担当した仕事は何ですか?

振り返ってみると、色々な仕事をさせてもらいましたが、初めて担当したのは、技術誌「名村テクニカルレビュー」の編集委員としての仕事でした。記事の校正や表紙募集、各部門・グループ会社への配布数取り纏め等でほぼ初めて社内やグループ会社の人とたくさんやり取りをしました。みんなが協力してテクニカルレビューを完成させていく過程はすごく充実していて楽しかったです。
書籍が好きでいつか編集をやってみたいと思っていたので、少し夢が叶ってうれしかったです。ただ、今振り返ってみるとちょっと張り切りすぎてしまったかな、と反省しています(笑)。

Q5.入社して一番やりがいのあった仕事は何ですか?

配属後間もない頃から携わっている名村グループ共同のeラーニング導入です。知らないことばかりで、しかも当社においては全く新しいシステムの導入で、おまけに社内だけでなくグループ各社とも協議をして進めなければならず、苦しい時期が続きましたが、最近になってようやく自分のやりたいことを取り入れつつ、ゆっくりではありますが導入に近づけています。
まだまだこれからのほうが大変なことは多いと思いますが、1年近く検討を重ね、学んだことも多く、全てが自分の身になっていると感じます。

Q6.入社して自分が成長したと感じるところは?

たくさんあります。まず仕事に対する意識が変わりました。
また、話し方に気を配るようになりました。入社してから、人前で説明する機会を多くいただき、人に伝わるように話す難しさをひしひしと感じています。私は基本的に感情的な性格で論理的に話すことが苦手だったのですが、最近はなぜそれをやりたいのか、やらなければならないのかロジックを立てて話すように心がけています。まだ練習中ですが…
また、教育を担当する立場となり、Excel等のPCスキルがあがりました。
私は文系の全く畑違いの分野からWIN21推進グループに配属され、全然周りの話している内容が理解できなくて辛かった時期もありますが、幸いにも元からITやシステムについて興味自体はあったので、毎日勉強だと思い知識を吸収したり考えたりすることに抵抗はありませんでした。
最近になってようやく少しずつシステムについて理解できるようになり、仕事を楽しいと思えるようになりました。
社会人として何に対しても思考することをやめず、固定観念にとらわれない人になりたいです。そして、少しでも周りの人の役に立てるようになりたいです。

Q7.当社を志望する方へ

周りの人が優しいので、未経験でも、大学時代の専門が違っても、文系でも大丈夫です! 入社してから一緒に頑張りましょう。