「気軽に相談できる雰囲気」

 主に、図面や設計計算書を照査し、構造上、施工上、安全安心な図面に仕上げていく仕事をしています。照査した結果をお客様に報告するための資料を作成したりもします。
 計算書と図面を見比べながら確認したり、干渉チェックをしたりしながら、ほとんど一日中パソコン画面の前で図面や書類と睨めっこしています。製品の検査がある際などは、製作現場へ赴くこともあります。

 職場には、年の近い先輩も多く、質問や相談はしやすい環境です。初めの頃は、分からないことも多く、困る場面もありましたが、先輩には気軽に質問や相談できる雰囲気なので、すぐに答えて貰えて助かっています。

「自分の仕事が形として現れるので、やりがいを感じる」

 自分が担当した図面を基にした橋梁が、自ら携わった図面通りに組み上がっているのを見ると、自分の仕事が形として現れるので、やりがいを感じます。
 自分が担当した図面は、穴が開くほど目を通しますが、製作中の現場に行って写真を撮るなど、出来上がりの形を想像しながら仕事をすることを心掛けています。そうすることで、仕事へのモチベーションも上がります。

 大学ではCADの授業がありませんでしたが、独学で学んでいたので、今の仕事に活きています。逆に、相手に説明するための資料の作り方など、もっと学んでおけばよかったと思います。

 船や橋梁など大きな構造物に興味がある方は、ぜひ私たちと一緒に仕事をしてみませんか?