「お客様に対して親身になって対応する会社」

 当社は、お客様に対して親身になって対応する会社だと感じています。製造業として、生産効率を求めることは当然ですが、それ以上にお客様からの信頼を大事にしていて、設計途中でお客様からいただく要望については、会社として出来る限り対応したいと試みています。

 私が働いている計画設計課は、新造船の開発、船体部分の基本設計を行う部署です。 若い人が多く世代も近いため、仕事だけでなくプライベートでもつきあいがあります。わからないことを相談できる職場で、ストレスも少なく、仕事がしやすいと感じています。私は、新造船開発のうち、船体部分の基本計画を行っています。お客様から引き合いが入る前、具体的な図面を作成する前の段階として、バラスト容量・貨物搭載量・燃費・船内スペース・復原性・船橋視界などを総合的に考え、大まかな区画配置をするのが主な仕事です。お客様からの要求に対し、直接お会いして打合せすることもありますし、そこで頂いたご意見について、詳細設計に引き継ぐことも大切な仕事のひとつです。

 大学・大学院では造船工学を専攻していました。現場の熱環境が人体に与える影響について研究をしていましたが、特に今の業務内容とは関連してはおらず、入社してから学ぶことの方が多いと感じています。ただ、造船に係わる専門用語については、学校で多少なりとも聞いていましたし、研究で使った3Dモデルやマクロ計算についても、業務で用いることがありますので、その点は若干のアドバンテージがあったかなと思います。また、アルバイトでは、接客の仕事をしていました。社外の人、特にお客様と話をするときの立ち振る舞いでは、そのときの経験が役に立っていると思います。

「お客様と話し合いながら船の仕様書の更新をしていくことにやりがいを感じました。」

 最もやりがいを感じたのは、新規開発船で、お客様からコメントを貰いながら自分で仕様の素案を決めていったことです。新規開発船を最初から担当するのは初めてで、わからないことも多く、先輩に相談しながら進めていきましたが、やり終えた際には大きな達成感を味わいました。 お客様との技術打合せにも初めて参加させてもらいましたが、話題に挙がる分野が多岐にわたり何もできませんでした。しかし、お客様とコメントのやりとりをし、話し合いながら船の仕様書の更新をしていくことにやりがいを感じました。

 ちなみに、私はあがり症で、人前で話すのが苦手なタイプなのですが、入社して会議や説明会など、人前で話をする機会が増え、人前で話をするのにあまり緊張しなくなりました。精神的にタフになったのだと思います。最近は、後輩が入り、指導をする機会も増えてきましたが、なかなか分かり易く説明することができず、人にものを教える難しさを痛感しています。入社年数にふさわしいアウトプットを出して行きたいと考えています。