Q1.どんな職場で働いていますか?名村造船所はどんな会社ですか?

【職場】船につけられる装置(艤装品)、配管、居住区の内装などの配置計画を行なう部署で働いています。部署はすごく風通しがよく、先輩とも気軽に話せる職場です。入社したときに、艤装品や居住区に係わる仕事がしたいという希望を出し、それが叶って配属されたので、仕事内容にはとても興味を持っています。

 

【会社】プロダクトミックスなど、挑戦心のある、力強い会社だと思います。造っているものが大きいので、社員からは「こういうものを造っているんだぞ」という自信を感じます。


【志望した動機】私が名村造船所を志望したのは、地元伊万里の会社であるということもありますが、就職活動中、色々な会社をみる中で、良い意味で自分にあっていて安心感のある心地よい雰囲気の会社だと感じたからです。
 

Q2.学生の頃にやっていたことで、社会人になって活かせたことはありますか?

私はもともと水産学部の出身なので、工学的な知識がなく、大学での勉強が業務に直接役に立った、ということはあまりありませんが、学生のときアルバイトをしていて、メモをとる意識が出来たので、それは社会人になって役に立っているな、と感じています。イベントスタッフのアルバイトではサブリーダーをやっていたので、全体を見回したり、周りの意見をまとめたりする経験もできました。
サークルでは旅行サークルに入っていて、年2回、長期の旅行に行っていました。下級生のうちはついていくだけだったのですが、上級生になると計画を立てたり、お金の管理もしなければならないので、その経験も役に立っていると思います。

Q3.現在、主にどんな仕事をしていますか?

船体部分の配管や付属する機器の仕様を検討し、決める仕事をしています。船の仕様書で決められたことを満たすようにバルブなどの種類、材質、配置を決めていきます。最新のルールに適合させる必要があり、メンテナンスのしやすさなどのお客様の要望にも応えなければなりません。一度に考えることがとても多い仕事です。
失敗もあります。先日の話で、通常、船体の塗装とバルブの塗装は同じ色なのですが、その船は特殊で、色が違っていました。ずっと色が同じだと勘違いしたまま設計を続けて、塗装が完成する前に指摘されて事なきを得ましたが、とても焦りました。

Q4.初めて担当した仕事は何ですか?

上甲板の排水口の計画です。丸い穴が開いていてそこから外へ水が流れていくものです。丸い穴をCAD上でポンポンポンと置いていくので、作業自体には難しいところはなかったのですが、何しろ入ったばかりで言葉が分かりません。「排水装置マニュアルに沿って~」と言われても、そのマニュアルの内容が分かりませんし、穴自体もどういうものかも分からないので、実際に現場に行って確認したりしました。
私が大学で学んだ水産学は、ものづくりではないので、工学的な考え方を理解するまでに時間がかかりました。大学の研究では、仕組みがあって、それをどうやって活かしていくか、というところに焦点があったのですが、工学では物がどうやってできているのか、という仕組みの方に焦点があるように感じます。最初は先輩に具体的な質問をすることも出来ず、苦労しましたが、最近は少しずつ理解できるようになっていると思います。

Q5.入社して一番やりがいのあった仕事は何ですか?

(2019年3月現在)1年目で、全てを自力でやりきった、という経験はまだないのですが、知らなかったこと、考えたことがなかったことが分かると、やりがいや知識の広がりを感じます。
例えば、舶用品メーカーに行って、メーカーの人とお話しすると、メーカーから見た商品の良さが分かります。最近感動したのは、エアパージ式液面計で、これはバラストにも使われていますが、液体中に空気を送り続けて、その背圧を計測する機器です。液体中に空気を送り込むことで、液面の高さを測るなんて、自分では絶対に考えもしないことで、最初に考えた人はすごいなと思います。

Q6.入社して自分が成長したと感じるところは?

「なぜこれはこうなっているのか」自分で考えて、調べて、から質問をする、という習慣がついたことです。配属当初は、先輩から「自分で考えてから質問してね」と言われて実行していますが、もし言われてなかったら何でもかんでも質問していたと思いますので、言われて良かったと思います。
まだ、仕事を完全にやりきったことがないので、成長途中です。自分が担当した船が来年完工しますので、そうすればやりきったと思えるんじゃないかと考えています。

Q7.当社を志望する方へ

今まで学んでいない分野だということはあまり関係ありません。やりたいと思ったら、やりたいという自分の気持ちを大事にしてください。先輩が優しく教えてくれます!