「若い人も多く、やりがいのある仕事が任せてもらえます」

 品質保証部の造船検査グループは、船主監督(お客様)・船級検査官(第三者機関)などに対して、試験・検査を通じて商品の品質を担保する部門です。和気あいあいとした職場ですが、直接お客様と接する部署ですので、非常に責任のある職場だと感じています。また、お客様だけでなく、舶用機器のメーカーや社内など、いろいろな人と係わる点も特色です。

 実直で堅実な会社だと思います。若い人も多く、やりがいのある仕事が任せてもらえます。設計と現場の風通しがよく、穏やかな雰囲気です。また、真面目な人が多く、ステレオタイプな造船業の荒っぽいイメージとは大きくかけ離れていると感じています。

 船の建造途中では、品質を確認するために船主監督・船級検査官が様々な試験に立ち会います。私はそのうち、機関と電気を担当しており、船主監督・船級検査官への連絡や試験当日の対応等を行っています。 また、現場を回り、お客様の基準に合致しているかだけではなく、名村品質・名村グレードが確保されているかについても日々確認をしています。 パイプ一本の水圧検査から海上試運転まで検査していますが、自分で何かを作っているわけではなく、いわば窓口業務ですので、人を動かす力、他部署との連携が重要だと考えています。 配属されて先輩の担当船で一通りの仕事を学び、検査デビューをしました。機関室のパイプ耐圧検査の受検でしたが、様々な内容をお客様に説明をしなければなりませんでしたので、非常に緊張した覚えがあります。初回はうまくいったわけではありませんが、準備をしっかりして、なんとかやり遂げることができました。お客様も新人が担当しているということで大目に見ていただいた部分もあるかもしれません。

「担当した船が出航して行くのを見送るのはとても感動します」

 年を重ねるごとに、物事に動じなくなったなと感じています。お客様から質問を受けても、すぐに対応することができますし、その場で答えられなくても後日適切に対応することができます。今ではお客様に何を求められているのか分かりますし、設計や現場の動きも、品質保証部として理解できるようになったと感じています。

 1つの船を作る上で船主監督と約10ヶ月おつきあいすることになりますので、その限られた期間で信頼を得ることにやりがいを感じています。担当した船が命名式を終えて当社の岸壁から世界へ向けて出航して行くのを見送るのはとても感動します。

 大学は商船大学で、船の機関を専攻していました。授業を通じ、機器類の構造や理論について深く理解することができたと思いますし、乗船演習を通して船の動かし方も学ぶことができました。 部活動では、体育会のカッター(ボート)部に所属していました。部活動を通して、上級生・下級生との接し方を学ぶことができてよかったと思っています。